2011年7月アーカイブ

中古ドメインのこころがまえ

SEO対策を考える場合、何かに依存する気持ちがでてくると、とたんに検索順位が下降してしまうものです。
とかく年代の古さや高ページランク、被リンク数などに私たちは頼りがちです。

けれども、何より大切なのはコンテンツです。
ページランクは付いていなくても、ドメインを新規で取得したばかりでも、更新頻度を高くして、有用な情報を提供するようにしていれば、ある程度の検索順位までは伸びるものなのです。

いいきざし

先月のオールドドメインのページランクが復活しました。
こちらでは出品していないのも含めて、4で復活したドメインが4つぐらいあるのですが、3とか2とかのものもけっこうあります。
当サイトでは出品時にゼロだったものについてはそのままの形で表示していますが、現在確認してみるとページランクゼロが付いているものはなく、トップページさえ作成していれば、何らかの形で復活しているようです。

14日に更新されたあと、17日にもすぐにあったようなんですが、ページランクゼロがついてから、だいたい2~3週間は様子を見たほうがいいのかもしれませんね。
また、ドメインの方が売れましたら、ドロップキャッチしてきます。

めぼしいドメインについては、ほぼ出品しましたが、現在、調整中となっているものについては、今週中にも出品させていただきます。
ページランク4で復活してものについては、自サイトで使用させてもらいました。

このまえ取得してたやつ

15日にページランクの更新があったようなんで、チェックしてみました。
気のせいかもしれませんが、ひょっとすると14日だったかもしれません。
6月27日以降、場所を変えて7つほどを取得したのですが、そのうち、復活したのは3個だけです。

検索エンジンのシステムが変わってしまったのでしょうか...。
それとも、気づかぬうちに、私の取得方法が変わってしまったのでしょうか。
いずれにしても、オールドドメインをとりまく取得環境は、年々厳しさを増してきております。

そいで、その3個のドメインについてなんですが、1個は使ってしまったんで、2個出品させてもらいますが、こんなやつです。

絶妙くらべ

なんだか暑くって、ブログの更新は中断しているのですが、ドメインの方はちょくちょくと取得しております。
前回のページランク更新が空振りに終わったもので、出品する在庫の方が底をついてしまったわけなんですが、かといってブログの更新をさぼっていると検索エンジンの反応がにぶくなるので、こうして記事を更新しているわけです。

過去のデータからいうと、次の更新は20日すぎ頃かな?なんて気もするんですが、もし前回みたいに長かったとしたら、8月ごろになるのかもしれません。
つまりところ、よくわからないっていう状態なんですが、ページランクが付こうがつくまいが、ひたすら中古ドメインを取得している最中です。

検索すれども取得せず

中古ドメインはどこで取るのが一番いいのかっていう話なんですが、私の場合でいうと現在の割合はこのような感じになっています。

value 49
fc2ドメイン 47
mu-mu-13
お名前 1
godaddy 6
enomcentral 1

このような感じでみると、バリュードメインが一番いいような気もしてしまいますが、実際のところはタイムリーでは取得しずらい面もあったりするわけです。
ただ、取得しずらいとはいえ、ドメインをオークションで出品する予定の人は、出品システムのあるバリュードメインで取らざるを得ません。
そんなわけで、私の場合はここでの取得数が多くなっている結果になっております。