2012年11月アーカイブ

ディレクトリ登録に挑戦中...

今回はディレクトリ登録に挑戦してみました。
中古ドメインを取得する際、ヤフカテやdmozなどのディレクトリ登録されていたものはSEO効果が高いとされていますが、メインサイト自体も登録しておくことをおすすめします。

税金対策上、年内にある程度の金額を経費として使いたい方もいらっしゃるかと思いますが、ディレクトリ登録は10万とか20万とかかかるんで、効率的に経費に計上できるかと思います。

ざっと見てみますとこんな感じですが...

・ヤフカテ
・dmoz
・クロスレコメンド
・Jエントリー
・BPNディレクトリ
・iディレクトリ
・e-まちタウン
・産経ディレクトリ
・fc2ディレクトリ

このうち、自サイトの場合はヤフカテは無理っぽい気がします。
薬事法あれこれがあるんで、審査が厳しいらしく、あまりメジャーではないディレクトリサービスからつっついてみることにしました。このうち、ふたつに申請して、ひとつはもう登録してもらったんですが、だいたいふたつで17万円ぐらいだった気がします。

ただ、ページランク的にいえば、中古ドメインを使用した場合、5とか6からの被リンクも可能なわけです。

それに対して、ディレクトリ登録の場合、たいていは3とか4ぐらいの階層の深い個別ページへの登録になるわけなので、あえて何十万もかける必要はあるのかという気もするわけです。
ただ、ディレクトリサービスは、膨大なページ数のあるポータルサイトを背景にしたリンク集という形になるわけなんで、たぶん、登録しておいても損はないと思います。

資金があまっている方は、節税対策として登録してみてはいかがかと思います。

では、また...。

PR7っぽいのを買ってきました。

最近、ウクライナの方から中古ドメインを購入しているのですが、わりと安く売ってくれるようなんです。何とかノフさんという名前なんで、たぶんロシア人の方だと思うんですが、カタコト英語でのやりとりをしているんですけど、700ドルでページランク5をふたつ、7をひとつをいただいてきました。

エスクローサービスの手数料を入れると750ドルぐらいになってしまったんですが、仲介サービスで資金を担保しつつ、レジストラでpush upの形での引き渡しになるようです。ただ、7のやつはけっこうあやしいドメインで、おそらく5まで下がると考えているんですが、合計5が3つで750ドルはぶなんなところのような気がします。

他にもいろいろ持っているようで、リストを見せてもらったんですが、価格からするとバックオーダーは使用していないようなんです。バックオーダーをかけるかかけないか、判断がわかれるぐらいの微妙なドメインを、通常価格でドロップキャッチしているらしいです。

なので、品質的には微妙なドメインが多いのですが、それでも原価で取得しているんで、ページランク5程度のものでも1~2万ぐらいで売ってくれるみたいです。

わたしもこのようなタイプのドメインを自分でドロップキャッチするのが一番安上がりだとは思うのです。ただ、ドメインのチェックとかでけっこう手間がかかるわけじゃないですか、やっぱ。結局、売っているものをそのまま買った方がはやい気がします。

それで一個買ったらほかにも持っている確率が高いんで、確認してみることをオススメします。1個持っていたら100個持っていると考え、交渉してみると効率的かもしれませんね。

では、また...。

ページランクが更新されたようです。

ページランクが更新されたようなんですが、どうなんでしょうか。
私の場合、4がみっつ、そして5がふたつの結果になっていたようなんですが、一方でグレーの状態のやつがけっこう増えてきてしまったようです。

ちょっと目を離したすきに、すぐグレーになってしまうものですから、とりあえずはトップページだけでも作成するようにはしているのですが、いったんグレーになってしまったら、うんともすんともいわなくなってしまうようで困ったものです。

グレーのやつを4つか5つぐらい抱えているんですけど、これの処理がちょっと面倒な気がしています。たぶん、中古ドメインはコンテンツのない状態で保管しておくよりも、5行ぐらいは書いて保存しておいた方がいいのかもしれません。


ただ、最近は出品されているものから選んで、直接購入するようにしています。
先日はロシアの人から5のやつをひとつ購入したんですが、購入したあと、「まだまだあるよ」っていうんで、リストを見せてもらったんですが、けっこういろいろ持っているようなんです。

わりと6,7とかもあるようで、「1個3百ドルぐらいでどう?」っていうんですが、まとめて購入したいなって気もするんですけど、そのロシアの人もカタコト英語ですし、ロシア語のレジストラでpush upでの引き渡しになるようなんで難しそうですし、paypalの限度額の解除しなきゃいけないですし、そのあたりで迷ってたんです。

でも、今日、それらのドメインを見てみますと特に下がっている様子もないんで、購入してしまおうかなと思ってます。中古ドメイン購入するのには、今がチャンスかもしれませんね。

スマホ対応のサイトづくり

当ブログをスマホに対応しようと思いまして、本日、「スマートフォーン」を購入してきました。
iphoneは品薄状態のようなんですが、近所の山田さんで1個だけ在庫があったようでラッキーでした。



今までは携帯サイトの閲覧用に、普通のいわゆるガラパゴスケータイを使っていたわけなんですが、携帯サイトの作成上、あえてスマホはスルーしておりました次第です。

ただ、そろそろスマホに対応したサイトを考えるべき時が来たんじゃないかなと思っております。

中古ドメインでサイトを作成する際にも、やはり、モバイル対応しているのかどうかというのは、けっこう重要だと思うのです。モバイルに対応しているからといってSEOなのかというと疑問の余地がありますが、ユーザビリティーの面からいえば、対応しているのに越したことはありません。

PC、ガラケー、スマホ、ipadなどいろいろ出てきて、サイトを運営する側からすると正直面倒くさいですが、やはり時代のニーズに応じて対応する必要性があるものと感じております。
わたしはキャリア別の切り分けとか、そういうのは少ししかわかんないんで、収益の高いサイトについては業者に依頼しようと思っているのですが、とりあえずはスマホが必要だと思うんで、上のやつを今日かってきた次第です。

それで、自サイトの様子をいくつかチェックしてみたんですが、ipadではわりと無難に表示されている気がしております。サファリのせいもあってか、マージンとかpaddingとかが効いてないサイトもあったんですが、とりあえずは大丈夫のようでした。

当ブログも特に問題はないみたいです。

ただ、iphoneでの閲覧は文字が小さすぎるようです。携帯サイトに転送されているものとばかり思ってたんですが、スマホの場合は、そのまま表示されているみたいです。やはり、スマホ対応をするべきなんじゃないかなって気がしますが、当ブログのように、ページ数が多い場合は手動での調整は不可能と考えてますんで、何等かのツールが必要になる気がします。

movable typeの場合、確かそのようなのがあった気もするんですが、安かったら今度買ってこようと思います。

いずれスマホ対応が完了いたしましたら、当ブログ上でご報告させていただきます。

では、また...。

中古ドメインの取得後ははやめに処理しましょう。

先月、ページランクの復活したドメインがけっこうあったんですけど、いろいろ忙しかったものでして、コンテンツを設定せずにほったらかしておいたんです。すると、どうしたことでしょう、この1か月の間に次々とページランクがなくなってしまったようなんです。
実にもったいないことをしたなーと後悔しているのですが、中古ドメインを取得してページランクが復活しましたら、なるべくはやくにコンテンツをあてがっておくことをおすすめします。

このあたり、以前まではそんなことはなかったのですが、そういうシステムになってきているようです。
ただ、とりあえずでもある程度のコンテンツボリュームがある場合は大丈夫のようです。

この中古ドメインたちについてですが、しょうがないんで、今からコンテンツでもあてがって様子をみていこうと考えております。ただ、以前にもページランク5ぐらいの中古ドメインでそのような事例があったのですが、1年ほど、グレーになったり、5がついたりを繰り返していたのですが、現在では元の5で安定してきているようです。

なので、仮にグレーの状態になってしまっても、あなたの中古ドメインをあきらめないでください。見えないページランクがついていることを信じて、ひたすら更新されることをおすすめします。