前年比64%ごえ

中古ドメインの効果・効能的なはなしですが、アクセス数的な側面からみてみますと、自サイトの場合はこんな感じになっています。



こちらは月間ではなく、年間での比較した数値になるわけですが、一番低い数値でも前年比64%ごえを記録しているのがおわかりになるかと思います。
ただ、当ブログもそうなのですが、生ログはわかるものの、アクセス解析を設置していないサイトも多くあったりして、中古ドメインの実態についてはそれほど詳細には把握しきれていないというのが実際のところです。

おそらく、年間ユニークでいうと合計100万~200万、ページビューでいうと、150万~300万程度といった感じかと思いますが、このペースで増加していけば、5年後ぐらいには500万ユニーク~1000万ユニークの実現も可能なんじゃないかっていう気がしているわけです。
なかには、10倍以上の増加になっているケースもあるわけなんで、ひょっとしたら、もっとはやいかもしれません。

アクセス数的にいえば、年間ユニーク100万ぐらいのサイトはけっこうあるかと思いますが、自サイトの場合は、それぞれがアフィリエイト収益の高い分野での独立した形になっているので、収益性からいうとけっこう高いものがあるわけです。

それを考えると、当ブログで出品している中古ドメインというのは格安すぎなんじゃね?っていう気もしてしまうわけです。
当ブログで出品している中古ドメイン一覧

でも、ページランクが付くまでは楽しいんですけど、実際についてしまったらなんだか急に冷めてしまうのです。
とうとう付いてしまったんだなという非常に現実的な感覚がそこに残されるだけです。
なので、格安く出品させていただいている次第なのです。