決して談合という意味ではありませんが...

先日、オークションしてた中古ドメインがあるんですけど、1500円までおっかけたものの、途中で面倒くさくなってそのまま流したドメインがあるんです。
そのときは付いても3程度だろうと思っていたんで、そんなにおっかけなかったんですが、今日見てみるとページランク5がついていたようなんです。

感じからして、おそらく3000円以内での落札が可能だった気がするんですが、5がつくんだったら、1万ぐらいはぶっこんでもよかったんですけど、そういうパターンがけっこう多いような気がするんです。

先月も、7000円で追跡をやめたドメインがあるんですが、このまえ見てみるとページランク6がついていたりしたやつもあったりして、逆に、20000円まで追跡して落札したドメインは、結局3どまりだったというケースもあったりして、何となくからまわり状態がつづいております。

不確定要素のない鉄板の中古ドメインなら、5万ぐらいまでおっかけることもあるんですが、途中でふと思ってしまうんです、ドメインに何万もぶっこんでもいいんだろうかと。
どんなに確実と思ってはいても、なぜかインデックスされないケースもあるわけですんで、そういうことを考えていると、途中で降りることがけっこうあったりします。

でも、あとから考えてみると、途中でおりるんだったら、いたずらに値段をつりあげなくてもよかったかなという気もしてしまうわけです。

この点、どこでもたいていは匿名での入札ではありますが、落札直後のwhoisを確認しておけば、どのIDが誰に対応するのかというのがわかってしまうわけです。
そういうのをリスト化しておいて、オークションがエキサイトしてきた際に、入札価格についてのご相談なんかをしてみるのもいいかもしれませんね。