取得した中古ドメインの需要チェック

中古ドメインにもカテゴリがあるわけですが、そのドメインが属するカテゴリによって、売れやすい、あるいは収益化しやすいタイプとそうでないタイプが存在します。
一般的には、金融や美容、健康、あるいは保険関連は需要の多いカテゴリーといわれており、そういう分野の中古ドメインは比較的、使いやすい傾向にあります。

このすでに自分が取得した中古ドメインの潜在的な需要を調べる場合、私がやっている方法をご紹介いたしますと、ドメインに付いているアンカーテキストでウェブ検索をし、検索結果に表示される広告の数を参考にするようにしてます。

例えば、金融などの集客単価の高いカテゴリの場合、検索結果には広告主がずらっと並んでいますが、そのドメインに掲載できそうな潜在的な広告主は無数に存在するわけです。
ドメインパーキングなどで使用しても関連する広告が表示されやすくなりますし、そのキーワードで上位に表示された場合などは、サイト売却なども可能になるかもしれません。

それなのに、自分のサイトは中古ドメイン関連だからといって、そこでむりやりドメイン関連のサイトを公開しても効率が悪いしもったいないわけです。
特にオーソリティーサイトからの被リンクのある場合なんかは、それが自分には必要のないアンカーテキストだったとしても、なかにはお金を出しても欲しい人もいるわけなのです。

一方で、エンタメ系などつぶしがきかない中古ドメインも非常に多いです。
そういう場合は逆に関連性を度外視して、無理やり集客単価の高いキーワードで作成するようにするとよいでしょう。
どちらにしても、お金になりそうなキーワードで作るのが一番いいかもしれませんね。