1種のペナルティーかもしれません

以前に中古ドメインを使って上位表示されたサイトをご紹介していたんですけど、ここにきて大幅に検索順位の方が下降しているようなんです。



やっぱ、あれがまずかったかなーと思い当たるふしは多々あるのですが、過ぎたことを考えていてもしょうがないんで、また、ここからの回復を目指していこうと思います。

ただ、一見するとペナルティーに見えるものでも、リンク先の検索順位が上昇していた場合、必ずしもペナルティーとはいえないものもあったりするものです。このへんはなかなか難しいところですが、こちらの順位の下落と引き換えにリンク先のサイトが上昇していたら、それはそれで良しとすべきなのかもしれません。

そもそも、ペナルティーを受けるほど上等なサイトでもないので、気のせいのような気もするのですが、こういう場合は以下の対処方法があるかと思います。

①ほったらかしにする
②さらにリンクを増やす
③リンクを削除する

私の場合、主に①のように特に何もしないことが多いのですが、「溺れる者は藁をも掴む」で、一度沈んでしまった場合、もがけばもがくほど自滅するケースが多々あるものです。

つまるところ、リンクを削除してみたり、アンカーテキストを修正してみたり、あるいはコンテンツを増やしてみたりして、あれこれ修正することで不自然が動きが短期間に多発することになってしまいます。

そのような動きが検出されることで、さらに回復への道は遠のくことになるわけなので、あえて何もしないというのが一番のような気がしています。サイトを修正するにしても、時間をかけてやるのが一番いいのかもしれませんね...。
こちらのサイトの結果につきましては、いずれまた、当ブログ上でご報告させていただきます。