ドメイン年齢 vs ページランク

現在のところ、5つのASPでアフィリエイトをしており、そちらの方では別口のオールドドメインを使用しているのですが、そのほとんどで獲得件数がどんどん増加してきております。

当サイトで出品しているオールドドメインも基本的にはまったく同じものですので、こちらで出品しているものも同じような結果がでるはずなのですが、はたして本当に効果のあるものなのだろうか?という点で疑問があります。

この点を確認するため、当サイトで出品中のものからひとつをピックアップして、先月のおわりにとあるアフィリエイトサイトの被リンク用に使ってみたのですが、その結果は以下のような感じになりました。

このピックアップしたドメインというのは、こちらのオールドドメインです。
それほどオールドではないorgドメイン

使用直後から、みるみるうちにアクセス数が上昇してきており、それに伴ってどんどんアフィリエイト収益が伸びてきました。
今月はまだ10日以上の日数が残されておりますが、現時点で既に先月をはるかに上回る成果を上げてきており、最終的にはおそらく2倍以上の成果が発生する気がしてます。

2007年程度のそれほどオールドなドメインではなかったわけなのですが、ページランク的にいえば4程度はあったわけなんです。
10年以上のドメイン年齢といえば、SEO効果が高そうに見えたりもしますが、やはりページランク的な要素の方が効果に占める貢献度は高いものと考えております。

かといって、私は決してオールドドメインを批判しているわけではなく、むしろ歓迎しているくらいなのですが、それでもやはり、ドメイン年齢とページランクとをはかりにかけた場合、ページランク的な要素を優先させた方がSEO効果が高いと見ております。