エクスプローラの思い出

めっきり当ブログの更新が停滞してしまいましたが、人の寿命と同様、ブログにも寿命というものがあるわけです。当ブログもすでに更新の最盛期はとっくにすぎており、今後はゆるやかに更新頻度が低下していき、ゆくゆくはインターネット上の片隅に放置される運命にあると考えております。

そうはいっても、今までの惰性というのがあるわけでして、車と同様、ブログの更新もいきなり止めるということはできません。そのようなわけで、特に書くことは何もないんですが、こうしてとりとめもない内容をキーボードに入力している次第です。

もし中古ドメインの方に在庫があれば、なかなか古いだの、被リンクが多いだのといった記事を書きつらねることもできるわけですが、取得しているドメインがないんでしょうがないです。何個かはページランク復活まちの中古ドメインもあることはあるのですが、2月に大規模な更新があったので、おそらくは5月ぐらいまで先になる気がしております。

やはり、ヤフーサイトエクスプローラのlinkdomainコマンドが使えなくなったのは痛いです。それまでは5とかもぽんぽん取得できていたわけですが、現状のツールでは、ほぼ3~4どまりというケースが多いように思います。

サービスによって被リンク元の価値判断にも違いがあるわけですが、日本でのSEO対策上で重要なのはグーグルが重きを置く被リンク元でないと意味がないわけですので、それらのサービスが独自に重要しするドメインの価値というのはピントがずれているケースが多いように思います。

この点、わりと精度のよいサービスでいえば、ヤフーサイトエクスプローラーというのは、かなり優秀だったのだろうという気がしてます。以前までは、ヤフー検索の精度はなんであんなに悪いんだろうと思っていたのですが、それでもかなり大変だったんだなということを最近は感じます。失ってみてはじめてそのありがたみを知るといいますが、中小のサービスエンジンでは無理なのかなという気がしてます。

かといって、ヤフー検索が復活しても私は使いませんが、まだヤフーのロボットがクロールしているなら、サイトエクスプローラの被リンク元の情報は公開して欲しいものです。