SEOコラム ~日本語ドメインの今~

以前、日本語ドメインへ301リダイレクトする手法が流行っていたかと思うのですが、これは現在、流行おくれになっている気がします。ペナルティーを受けやすくなっているといいますか、なかには受けてないサイトもあるかとは思うのですが、あまり見かけなくなってきました。

日本語ドメインへの301リダイレクトというのはこんな感じのやつです。

■中古ドメインの取得 → 高ページランクが付く → 日本語ドメインを取得し、301リダイレクト → 上位表示

中古ドメインをそのまま使った場合、URLとコンテンツとの間に関連性がないわけですので、このマイナス部分を解消するために、日本語ドメインを使用してモロに関連性をもたせ、301転送するといった感じかと思います。ページランクは若干下がるものの、タイトルとの関連性が強くなるため、総合的には上位表示されやすい利点があるわけです。

また、301転送の場合、アンカーテキストが転送されないっていううわさもあったりして、そんな理由で人気だったんだろうと思います。

ただ、アップデートのあと、これは通用しなくなっているケースが多いのではないでしょか。個人的には、相対的に自サイトが上昇する結果になったので実にラッキーだったんですけれども、このあたりはかなりシビアです。

このペナルティーを解除するには、301設定を解除しなくてはならないわけですが、そうなってしまうと、ページランクの引き継ぎが断たれてしまうわけですので、どのみち、ダメということになるわけです。

ただ、相変わらず、上位表示されているサイトもあるようなんで、ひょっとしたら気のせいかもしれませんが、いずれにしても、日本語ドメインを使用する方法というのはけっこう微妙な気がします。

メインサイトでは中古ドメインを使わず、普通にクリーンなドメインを使用することをおすすめします。