ドロップキャッチの精度を上げてコスト削減

今月に入ってから、ページランクグレーのものを6つドロップキャッチしたのですが、昨日あたりにその結果が出てきました。
そのうちPR4がひとつ、PR3が3つ、2とグレーが一個づつという結果に終わっています。

4勝0敗1引き分け、そしてひとつが延長戦に入っているという状態です。

最後のグレーのものがこれからどのような結果になるのか楽しみですが、6000円程度でページランク15がついたことを考えると、費用対コストパフォーマンスはなかなかいいのではないかと思うのです。

ただ、去年取得したもののなかでも、今までずっとページランクが2だったものが、ここ最近3がつくようになっているのが出てきています。
比較的、1996年あたりの古くから運営されているものが多いのですが、時間が経過するとともに、ページランクが復活するというケースもあるようです。

ただ、リセットされている場合はほぼ、ゼロのままで継続されるのは変わらないようです。

当サイトもリセット済みのオールドドメインなのですが、通常の場合、当サイトぐらいの更新頻度があれば、普通は1がついてもおかしくないのですが、やはりリセットされているためでしょうか、ツールバー上のランクには表示されていません。

SEO的にも、「オールドドメイン」で17位ぐらいですので、かなり微妙な感じがいたします。
もし、リセットされたとしても、ページランクが復活することがあったり、あるいは驚異的なSEO効果が見込めるのだったら、無数に落ちているオールドドメインを取得にかかるのですが、当サイトを考えると、やはり、ドロップキャッチをするのが効率的な気がします。

ただ、最近ではたくさんのドロップキャッチャーが参入しているようで、うかうかしてられません。
6,7を取得するには、バックオーダーをかけてのオークション、もしくはプレリリースしかないと思いますが、費用対効率を考えると、6や7を取得にかかるよりも、ドロップキャッチで、3,4をたくさん取得する方が安上がりなのではないでしょうか。

ページランク4のドメイン数十個から一方的に被リンクをもらえば、上位表示させないという方が逆に難しくなるかと思います。