都道府県型JPドメイン名の魅力

2012年11月に登録開始できるようになった「都道府県型JPドメイン」。
セカンドレベルに都道府県名、サードレベルに任意の文字列を登録できます。属性型JPのように登録組織に制限はなく、日本に住所があれば誰しもが登録できるドメインです。以前は「地域型JPドメイン(example.chiyoda.tokyo.jp)」と呼ばれる都道府県と市区町村名を含めたドメインがありましたが、よりシンプルな都道府県型ドメインの新設にあわせて提供は終了となっています。


都道府県型JPドメインの魅力と言えば地域性をアピールできること。
国内だけではなく世界に各都道府県のブランドを発信していくことができます。今後インターネットユーザーに都道府県型JPドメインが浸透すれば、例えば高知県の観光情報を検索したい時には「観光.kochi.jp」、福岡県の宿泊先を検索したい時には「hotel.fukuoka.jp」など、もっと検索されるようになり、各地域は賑わい地方の活性化に繋がるのではないでしょうか。

新設されて間もない今のうちに気になるドメインは取得しておいた方が良いのでは。。。

都道府県型JPドメインの詳細はJPRSのサイトより確認してください。