ヤフーのlinkコマンドが重要なわけ

今までヤフー検索ではYSTが利用されていましたが、今後、アメリカではBING検索が、日本ではグーグルが採用されることにどやら決まったようです。
最近では、グーグルへの切り替えテストなどもちょくちょく行われているようで、たびたび、ヤフーでの検索順位が大幅に変動することもあるかと思います。

けれども、このグーグルへの切り替えにより、オールドドメインの取得方法への影響も多少は出てくるものと思われます。
といいますのも、ドメインの被リンクを調査する場合、linkコマンドを実行して調べることになるわけですが、グーグルではほんの1部しか公開されないので、ヤフー検索だのみという側面があるからなのです。

ドメインへの被リンク数をチェックする場合、たいていはヤフーを利用してlink:やlinkdomain:などの特殊検索で調べるというのが一般的ですが、今後、グーグル検索へと移行することにより、その方法が利用できないという危惧も広まりつつあります。

となると、調べることができるのは、ドメイン年齢やページランクのみということになってきますが、それだけの要素では、高いドメインを取得するには多少、危険性が高くなるのです。
ただ、所有者にとってみれば、ウェブマスターツールなどによって、詳細な情報を把握することができるのですが、第3者からそれを判断する手立てはなくなってしまうのではないかという可能性があるのです。

検索エンジンには、グーグルやヤフーのほか、BINやバイドゥなどもありますが、比較的ヤフーに近いとされるのは、AltaVistaではないでしょうか。
もし、ヤフーでのlinkコマンドが使えなくなったとしても、AltaVistaである程度は判断できるかもしれませんが、とはいえ、やはり、検索結果にはかなりの差異があると感じております。
いずれにしても、被リンクを調べる方法については、今後はある程度、限られた情報になると考えておいた方がよいでしょう。