オールドランクとページランクの関係について

ページランクはけっこう有名ですが、「オールドランク」というのはご存知でしょうか?

おそらく、誰もご存知ないとは思うのですが、これはさっき自分が考えたものなんです。
つまり、ページランクだけではつまんないから、視覚化されたオールドランクもあったらいいなってさっき思ったんです。

ドメイン年齢という概念があって、それが検索エンジンのアルゴリズムに取り入れられているとするのなら、当然、ドメイン年齢のランキングも数値化されてカウントしていると考えてしかるべきです。

このドメイン年齢とページランクの関係性についてですが、そもそもドメイン年齢が古かったらページランクの上昇に寄与するのかという疑問があります。
ページランクは純粋に被リンク数だけをカウントしているものなのか、それとも、ドメイン年齢が古いと普通よりも多めにページランクを渡してくれるのかという点です。

個人的には無関係と思うのですが、被リンク数は変わってないけど、5年運営してたらページランクがひとつ上がったというケースもけっこうあるかと思います。

こういう場合はたぶん、自分ではがんばってなくても、被リンク元の被リンク数が増えたから、結果として自分とこのページランクが上昇したということではないかと考えてます。
もし、そういう機会があったら、被リンク元をチェックしてみることをおすすめします。
おそらく、被リンク元のドメインに、ページランクが上昇しているものが確認されるはずです。

長い間ドメインを運営していたら、被リンク元のさらに被リンクといった連鎖構造が次々に生まれてくるはずですので、見かけ上、何もしてないのにページランクが上昇したっていうことになるかもしれないです。
一方、自作自演でペラサイトを増やした場合、ペラいページにリンクする人はいないと思うので、この場合は時間とともに自然消滅していくという可能性もあります。

そのような意味でも、被リンク元のクオリティーのチェックはかかせませんが、できれば、2つ前ぐらいまでのリンクは調べておくのがいいのではないかと思います。