Pre releaseドメインという選択し

高ページランクのオールドドメインをゲットするなら、バックオーダーをかけてのドロップキャッチというのがございますが、Pre releaseタイプのものをねらうという選択肢もあります。

プレリリースのものも、通常のオークションドメインとそれほどかわりはありませんが、期限切れを迎えるまえの開放される直前のドメインですので、資金が豊富にある場合はかなり確実に取得することが可能です。

ドメインが一旦開放されてしまったら、誰の手に落ちるかはわからなくなってしまうわけですが、Pre releaseドメインの場合は、値段の折り合いさえ付けば、より確実にゲットできるわけです。

ただ、オークション形式であることにはかわりがないですので、結局はぶなんな価格に落ち着くケースが多いです。
通常のオークションよりは安く、バックオーダー後のオークションよりは高いといった程度ではないかと思われます。

Pre releaseタイプのドメインを取得するメリットとしては、dmozのリンクがまだ生きているケースが存在することです。
おそらく、マニュアルでのチェックではなく、リンク切れチェックにより排除するドメインを選択していると思いますが、期限切れタイプのドロップキャッチのように、pending deleteの空白期間が存在しないので、そのまま生きているのだろうと思います。

個人的に、資金に余裕のある場合は、このPre releaseでゲットすることが多いですが、通常はやはり、ドロップキャッチをねらうことが多いです。
ドロップキャッチの場合だと、格安の場合は66円ぐらいでページランク4程度を取得できるケースがあるのに対し、Pre releaseの場合は最低でも5000円ぐらいはかかってしまうものです。

ただ、いくら高くても、関連性のあるドメインは多少の費用がかかっても、確実にゲットしておいた方がよいケースも存在します。
ドメインの出費は一時的なものですが、サイトから発生する収益は長く続くものであることを考えるとひとつの選択肢として有効なのではないでしょうか。