ドメインチェックにセキュリティーソフトは必須のツールだ

通常のインターネットサーフィンをする場合、かなりの確率で検索エンジン側が攻撃サイトをブロックしてくれているので、それほどセキュリティーソフトは重要でないかと思います。
けれども、オールドドメインのチェックをする際は、検索エンジンを経由せずに直接ウェブサイトにアクセスするケースが多いです。
この場合でも、ファイアーウォールやブラウザ側でブロックしてくれるケースもありますが、やはりセキュリティーソフトがないと万全とはいえません。

すばやいチェックをしている人にとっては、快適なブラウザやPC環境という点に目がいきがちですが、多少は重くなったとしても、セキュリティーソフトも装備してからのぞむようにした方がよいでしょう。

特に、ウェブサイト運営者にとっての脅威はガンプラーウイルスです。
せっかく取得したオールドドメインが攻撃サイトに認定されてしまったら大変です。
ドメインチェックをしている人は、かなりの確率でウェブサイトを運営しているケースが多いですので、意図的にねらっている人もいるはずなのです。

個人的なケースでは、サイトにアクセスした際、あたかもパソコンを全部スキャンしちゃいましたよっていう感じでおどろかす攻撃サイトに出くわしてことがあります。
その際、Firefox側が今すぐパソコンを再起動してくださいという警告を出してくれたので、その通りに従っておけばよかったのですが、うっかりそのままアクセスしてしまい、スキャンされたっぽい感じになってしまったのです。

私は別に、そんなのにはぜんぜん驚かないですし、どうせはったりだっていうのは分かってますし、ほんの数秒だったので、大丈夫だっていうことは知ってはいますが、IDやパスワード関連のメモをデスクトップにおいておいたので、銀行からサーバー、アフィリエイトなどのパスワードをすべて変更せざるを得ない状況になってしまいました。

そのような意味でも、ドメインチェックというのは通常のネットサーフィンとは違いますので、セキュリティー対策は万全にしておく必要があるかと思うのです。