ドメインと同様、レンタルサーバーも重要

ドメインの取得費用とレンタルサーバーの費用とを比較してみますと、一般的にはサーバー費用の方が高額化する傾向にあります。
格安ドメインの場合、netやcomならたいてい1000円以内で取得することが可能ですが、サーバー費用の方はというと、格安レンタルサーバーでも年額3000円程度はかかってしまうものです。
高機能なレンタルサーバーの場合、数万円程度の費用になることもめづらしくはありません。

ただ、新規取得のものではなく、オールドドメインを取得するということになると、サーバー費用をはるかに凌ぐ料金がかかってしまうことも多いです。
高ページランクの場合、数十万円程度の費用がかかるケースもあります。

そのようなことを考えると、数十万円もかけてオールドドメインを取得するのなら、それに見合った形のレンタルサーバーも用意しておくべきです。
せっかく高いお金を出したとしても、レンタルサーバーが原因で本来のSEO効果が発揮されなかったとしたら、効率が悪いからです。

レンタルサーバー選びのポイントとしては、やはり、サーバー反応のいい高スペックなものを選択するとよいでしょう。
グーグルのウェブマスターツールを使用すると、クロール時のダウンロード速度が記録されていますが、あまりに重いサーバーの場合、SEO効果としてはマイナスになります。
これは1年ほど前から言われていることですが、重要度はかなり低いものの、アルゴリズムの一部として組み込まれていると考えて間違いありません。

加えて、同じipアドレスのレンタルサーバーに、自分の所持するドメインを重複してアップロードしないということも大きなポイントになります。
オールドドメインを100個保持しているとしたら、重要なドメインについては、ipアドレスの異なる格安サーバーを新規にレンタルしてご使用されることをおすすめいたします。

これは、同一ipアドレスからの被リンク元は、重複してカウントされないことから来ているものですが、たとえ格安サーバー100個をレンタルしたとしても、年間でいうと30万円程度の費用で収まるかと思います。
もっとも、それだけの数の格安ホスティング会社は日本にはございませんので、実際に確保することはできませんが、基本的には、オールドドメインと同様、レンタルサーバーの費用にもお金がかかるということになります。