確かに、1種のオールドドメインかもしれませんね。

古いドメインを見つけたとしても、あせってはいけません。
すぐに飛びつかなくても、オールドドメインの性質からいって、そうそうすぐには取得されないものです。

なぜなら、仮にすぐに取得されるようなドメインであるならば、あなたが見つける以前に他の誰かがとっくに見つけていたはずだからです。
すぐに見つかるようなドメインというのは、他の誰かが見つけて、詳細に比較検討をした末、NGの判定を下したという確率が高いものです。

とはいえ、否定的な考えにこりかたまっていては前へはすすめません。
オールドドメインであることを信じつつ、詳細に検討してみることが大切です。
まず、オーソドックスな調査の仕方としては、ウェブアーカイブをのぞいてみるとよいでしょう。
wwwあり・なしの両方でチェックし、アーカイブされているかどうかを調べてみます。

もし、アーカイブされていたとしても、どのくらいの間運用されていたのかや、空白期間があったのかどうか、また、アーカイブされているページ数は多いのか少ないのか、さらに、リダイレクトで利用されていたかどうかもチェックしておきましょう。
もし、リダイレクトで利用されていたとしたら、リダイレクト先がインデックスされているはずですから、すぐにわかると思います。
さらに、*の数をチェックしたりして、過去の更新頻度についてもチェックしておきましょう。

また、フッターのcopylightの部分に、(c) 2010 - 2011 のような記述がされていることもありますので、その部分もチェックしておきましょう。
また、たくさんインデックスされていたとしても、ドメインパーキングで利用されていた場合は、実質、空白期間と考えた方がよいです。

万一、アーカイブされていなかったとしても、ヤフーで被リンクチェックをして、リンク元を確認し、リンクされているページの日付などから、どのくらいの年代のドメインなのかを確認しておきます。
ただ、この場合、オーソリティーサイトからリンクされている場合をのぞいて、パスした方がぶなんです。
ある程度の規模のドメインなら、ほぼ、アーカイブされているはずですので、できるだけ、インターネットアーカイブにたくさんのページが残っているものを取得するのがよいでしょう。

ただ、微妙なのは、1ページぐらいしかインデックスされていないドメインの場合です。
確かに、1ページでもオールドドメインであることには変わりありませんが、1ページということは、極めて短い期間しかインターネット上に存在していなかったという傾向が強いです。
そういうのも、被リンクがたくさんあるようなケースでないかぎりは、スルーした方がよいでしょう。