タイプインドメインはSEO向きじゃない

中古ドメインを探している人には、大きくわけて二通りのタイプがあります。

ひとつはSEO効果が目的の人。
そしてもうひとつはタイプイン(Type in)ドメインを探している人です。

「タイプインドメイン」というのは、URLに直接入力して検索されるような短めのドメインのことを指しています。
たとえば、seoに興味がある人なら、seo.comを閲覧するとか、そんな感じです。
現在は検索エンジンを経由してアクセスする人がほとんどですが、検索エンジンがなかった古い時代の人は、おそらくそういったアクセスの仕方が一般的だったのかもしれません。(詳細不明)

つまるところ、タイプインでアクセスしてくる人に、クリック型の広告を表示して、それでお小遣い稼ぎをしようっていう趣旨での利用方法かと思います。

日本では、どちらかというと前者のSEO対策を期待してのオールドドメインを取得される人が多いのではないでしょうか。
期限切れドメインなどを見てみると、被リンクサイトとして使い古されたものがいたるところに散在していますが、ほぼ、日本語のサイトが多いように思います。

また、日本語のキーワードをわざわざ英語に直してタイプインしてアクセスするというような習慣はほとんどありません。
例えば、仕事の情報を探すとき、business.comをタイプインしてみようと考える日本人はほとんどいないはずです。
そんなわけで、日本ではSEO目的での中古ドメインの取得がメインになっているのだろうと思います。

このタイプインとSEOタイプのものを比較してみると、お手軽に稼げるのは、やはり、コンテンツを必要としないかたちのタイプインドメインかと思います。
けれども、ある程度のコンテンツを作成するノウハウがある場合、SEO目的としてアフィリエイトで使用した方がはるかに効率のいい稼ぎ方といえるのではないでしょうか。