usドメインはどうか。どうなの?

中古ドメインのなかでも宙ぶらりんの存在としてUSドメインというのがあります。
比較的高ページランクがついているケースが多く、すでに期限がすぎても取得可能になっている状態のものもありますが、一向に取得される気配のないものも多いです。

決して見逃されているというわけではないと思うのですが、やはり、USドメインの場合、アメリカ市民でないと取得できないという点が大きく影響しているように思えます。

ただ、ドメインを売買する目的ではなく、SEO対策を目的としているのであれば、たとえ売却などはできなくても、ウェブサイトを公開して被リンク元にできさえすればそれでいいわけです。
なので、取得してしまうというのもアリかと思います。

アメリカが好きっていう理由だけでは無理かと思いますが、心はアメリカンだから俺は米国市民だ的な理由でも取得できることもあるかもしれませんね。

ただ、USドメインは日本でキャンペーンをしているケースが多く、数百円程度の格安価格で取得できる場合も多いです。
普通に考えると、もし、日本人が取得できないようなドメインでの格安キャンペーンを日本でしているとしたら、やはり混乱してしまうというという気もします。
客商売の企業がそのようなことをするわけがないので、きっと簡単に取得できるのではないでしょうか。

そのあたりの建前と本音の部分の線引きを判断するのが難しいところですが、サポートに確認してみるのが一番はやいかと思います。
たぶん、バリュードメインは無理かと思いますが、ムームーあたりならいけるかもという気も多少しています。