オールドドメインの記事はライターへ依頼

オールドドメインはそのままの形で保持していても意味がなく、そこにコンテンツがあってこそはじめてその存在意義が出てきます。
ドメインを取得したのなら、そこに何らかのコンテンツをあてがい、ウェブサイトの形態で保持しておくとSEO的にもアフィリエイト的にも効率がいいものとなります。

けれども、自分でコンテンツを作成していったとしても、日々増加しつづけるオールドドメインに対応するのは不可能です。
時とともに、次第にコンテンツ不足が発生してきて、ドメインのだぶつき現象が出じる事態となってしまいます。

そうなった場合の対処方法としては、主に次の4つの選択肢があります。

  1. 余剰ドメインを売却する
  2. 自力でコンテンツを作成する
  3. ほったらかしておいて更新しない
  4. コンテンツはウェブライターに依頼する
1.余剰ドメインを売却する

まず、「売却する」という方法についてですが、これはオークション出品をするのが一番効率のよいものといえます。
実は当サイトでも、中古ドメイン販売といった形のページをもうけ、そこで余剰のものを出品しているのですが、ある程度の品質でしたら、わりとすんなり売却できるケースも多いです。

ただ、この場合、何らかの販売経路を自分で確保する必要があります。
つまり、「ドメイン販売」のようなキーワードで上位表示させ、そこに見込み客を呼び込み、出品しているオールドドメインの落札を訪問者さまにご提案するという方法です。
もし、ある程度の費用があるのなら、PPC広告で集客するのもいいでしょうし、あるいはメルマガなどで宣伝するのもいいかもしれません。

もちろん、オークションサイト自体での落札をねらうということも可能ですが、その場合は、落札されなかった場合に出品を繰り返す必要がでてきますので、管理するという手間がでてきてしまいます。

また、オークションサイトでは、品質の詳細について説明することができない、もしくは比較対象の不足という点で不十分なものとなってしまいます。
できるだけ、自サイトを構築して詳細なご説明をし、納得された上で購入していただくという方法をとるのがベストかと思います。

2.ほったらかしておいて更新しない

次に、優良なものだけを取捨選択し、あきらめるという方法です。
損切りといいかえてもいいかもしれません。
ページランク3以上のものだけを残し、あとはすべて更新しないということです。

ただ、更新期限がある程度残っているならば、数十円~数百円程度の値段でオークション出品しておけば、ほとんどの場合は落札されますので、管理しきれない場合はこの方法をとるのがいいでしょう。
そういった意味でも、オークションの出品システムがあるバリュードメインを利用することをおすすめします。

3.自力でコンテンツを作成する

システマチックにブログを更新できる方なら、この方法も可能です。
けれども、カテゴリーが多岐にわたる場合、すべてに対応するのは困難となりますのであまりおすすめできません。

また、ツールを使ってのブログ更新という方法もあるかと思いますが、こちらの場合はスパムや著作権法違反にあたります。
長期的に考えるとオリジナルのテンテンツであるという部分が生命線となりますので、一線を画しておくべきかと思われます。

4.コンテンツはウェブライターに依頼

結局、コンテンツの作成の部分については専門のライターさんに依頼するのがベストです。
業者に頼むのもいいですし、掲示板などで直接することも可能です。
直接依頼する場合は、ライター募集などのキーワードで掲示板を検索してみることをおすすめします。

相場としては、1文字0.5円~1円程度といった感じではないでしょうか。
コストをおさえるなら、直接依頼するという方法が効率的かと思われますが、ライターさんによって技術の差はかなりあります。
ライターさんとの友好な関係をいかに構築するかという点が分かれ目になるはずです。